夜明け前のよたか 掌編・書出し

よたかが書いた作品を掲載中です。

ねこ座よたか

 かつてあったかもしれない。なかったかもしれない。歴史にはもちろん、どんな記録にも誰の記憶にも残っちゃいないずっと昔、どこかの星のとあるヨーロッパのお話です。
 
 剣士のジークは教会からの依頼で、黒い緑の森に住んでいる『旅人の魂を喰らう魔女』を殺す為に、深い森の中を歩いていました。
 司祭は「魔女が星を奪ったために神の救いが人々に届かなくなった。なんとして欲しい」と言って、神のご加護を口にしてジークを送り出しました。
 
 しかしジークは森に入って3日目に狼に襲われて馬を喰われ、歩く時に邪魔な重い甲冑を捨てました。4日目に熊と出会って剣を失くしてしまった。ジークには短剣と少しの食べ物しか残っていませんでした。
 このままでは魔女と闘えそうにもないので、街へ戻ろうとしましたがジークは森の中で道に迷ってしまいました。
 
 何日も彷徨いつづけ何度目かの陽が落ちかけた頃、小さな雨つぶが樹々の葉を叩きはじめました。濡れなくてすむ寝床を探していたジークは古い大きな樹の下にある黒い家を見つけてしまいました。その家は街の人たちがこわがっている魔女の住む家でした。
「まいったな」ジークはつぶやきました。
 ジークは少し離れた場所からしばらく魔女の家を見ていました。家の中では暖かそうな灯りが揺れていました。料理をしているのか、煙突からは白い煙が上がっていました。
 少し弱気になったジークは『森を歩きまわっても凍えて狼の餌になるだけだ。どうせ死ぬなら魔女と闘おう』そう決心して魔女の家に乗り込む決心をしました。
 
「こんばんは。私は旅の者です。道に迷って困ってます。よかったら軒先を貸してもらえませんか?」
 ジークはそう言ってドアをノックした。ドアの方へゆっくりと軽い足音が近づいてくると重い樫の木の扉が少しだけ開いた。
「旅人?」真っ黒な長い髪の女が少しだけ開けたドアの隙間からそう言った。
「はい。旅の途中です」ジークは少し緊張しながらそう言った。
「旅をしてるのに短剣しか持ってないなんて、えらく身軽なのね」女は雨よりも冷たい声で見透かしたように言った。
「途中で狼や熊に襲われて荷物をすべて失くしてしまったんです」ジークは真実を隠しながら事実を告げた。
「あなた、私が何なのか知ってるのよね。それでもココに来たの?」女は扉を手前に開きながらそう言った。女の顔には表情がなかった。無表情なのではなく悲しみがそのまま貼り付いてしまっているようだとジークは思った。
 草木で染めた紺色の膝丈のワンピースの腰を太い皮紐で縛っていた。悲しそうな漆黒の瞳は、ずっと笑っていないのかもしれない。ジークは思った。
「いえ、私は通りすがりですから、何も知りません。女性おひとりで暮らしているのですか?」
「ふっ。白々しいわね。いいわよ。入りなさいな」そう言って女はジークを家の中に招き入れた。
 樫の扉が軋んだ音をたてて閉じた。
 
 
 家の中にはたいした家具はなかった。床に異国の厚手の絨毯が敷いてあり、2人掛けのテーブルに椅子が2脚、石造りの竃に少し大きめの鍋が掛けてあった。火のついていない暖炉の上で一匹の黒猫がジークを睨んでいた。
「猫はあなたのコトを疑っているようね」女は意地悪に口を曲げて笑った。
「酷いな。ただの旅人のジークですよ。えっと何とお呼びすれば」
「何言ってるのよ。そのまま魔女で構わないわよ」女はため息をつきながら答えた。
「えっとあなたは魔女なんですか? 私の国には魔女なんていないので驚きました。一体どんなコトができるんです?」
「もういいわよ。あなたも、ジークさんも私を殺しに来たんでしょ。教会に頼まれたんでしょ」女は叫ぶように、悲しい声を上げた。
「そうですか、隠しても無駄みたいですね。私は教会に頼まれてあなたを殺しにきました」ジークは腰の短剣を握り直して答えた。
「ジーク、辞めときなよ。そんなんじゃ彼女は殺せないよ。あんたがおとなしくしてくれたら、ちゃんと教えてやるからソコに座んなよ」ジークの足元から声がした。
 咄嗟にジークが下を見ると、さっきまで暖炉の上に居た黒猫がジークを見上げていた。
「ジークさんどうするの? おとなしく食事する? それともその短剣を振り回して追い出されたい?」女が吐き捨てるように言った。
 ジークは空まわりしているのが気まずくなって、おとなしくテーブルについた。
「あら、今回の人は意外と素直なのね」そう言って女は竃へ料理を取りに行った。
「えっ?」
「このまえ彼女を殺しにきた男は、暴れたから外に放り出されちゃったのさ。でも丸腰だったから生きちゃいないだろうね」黒猫が退屈そうにそう言った。
「やめなさい。もう50年も前の話よ。それに人が死ぬのは嫌いよ」魔女がそう言った。
 ジークが少し驚いて女を見ていると、女は兎肉のシチューが入った皿をジークの前に置いてジークの向いに座った。
「あんた魔女なんだろ」
「そうよ」
「旅人の魂を喰らうんじゃないのか?」
「魂って美味しいの? そもそもどうやったら食べられるの? ジーク、あんた知ってるの?」魔女は自虐的な笑いを浮かべてジークに言った。
「教会や街の人がそう言っていたからそういうモノかと思っていた。違うのか?」
「違うっていったら信じるの?」
「いや、その……」
「冷める前に食べちゃいなさいよ」女はジークにシチューをすすめた。
 しばらくマトモに食べていなかったジークは、おそるおそる木のスプーンでシチューをすくって口まで運んだ。暖かいシチューが体に広がった。しっかり煮込まれた兎の肉が口の中でとろけた。
「明日の朝になったら出ていってね。森の中を10日も歩きまわったんだから、そろそろ道もわかるでしょ」女がジークに投げつけた。
「待ってくれ。森に入ったのを知っていたのか?」
「魔女なのよ。知らないわけないでしょ」
「じゃ、なんで生かしておいたんだ」
「人が死ぬのも、ましてや殺すのも好きじゃないのよ。何度も言わせないでよ」女の顔からまた表情がなくなったように見えた。
「まだ名前を聞いてなかったね。聞いてもいいかなぁ」
「ずっと誰からも呼ばれてないから、もう忘れちゃったわ」
「君はずっとひとりで暮らしているの?」
「最初はみんなと一緒だったわよ。でも教会の人たちが捕まえてひとりづつ焼いたんじゃない。なんでそんな酷いことするのよ。私たちが何をしたっていうのよ」
 表情は変わらなかったけど、明らかに女は取り乱していた。
「彼女を追いつめるのはもうやめてくれないか? 朝になったら森の外までおいらが案内するよ」
「追いつめるなんて、そんなつもりは……」
「いいから、食事にしましょ」女はそう言ってシチューを口に運んだ。
 
 
「教会から『魔女が奪った星をなんとかしてくれ』と言われた。なんのコトなんだ?」
 話ができそうだと思ったジークは、食事が終わると女に聞いた。
「ねこ座……」女はひとこと答えた。
「なに?」
「おいらたち黒猫の墓標さ。おいらたちは死んだら夜空に送られる。その先がねこ座って星座なのさ」黒猫が答えた。
「ねこ座があると困るんじゃない?」
 なぜ困るのかジークは考えたが、理由なんて思いつかなかった。
「ねこ座を返してもらうわけにはいかないだろうか?」ジークは相談するように言った。
「私、すごく長生きなの。もしかしたら死なないかもしれない。死ねないかもしれない」
「剣士からすると不死身なんてとても羨ましいことだ」
「でも私は剣士じゃない。ただの魔女よ。ひとりでずっとここで暮らして行くのよ」
 なんとなくジークは彼女の言っているコトがわかり始めた。
「あのねジーク。あなたが私を殺そうと森に入った時すごく嬉しかったの。殺されたり争ったりするのはイヤだけど、50年ぶりに誰かと話ができると思うと楽しくなったの」
「そうだね、こんなにおしゃべりな君を見るのは始めてだよ」黒猫が口を挟んだ。
「……」ジークは黙ったままだった。
「そんな私でも、黒猫は側に居てくれる。でもこの子たちも100年も生きちゃいない。いままでたくさんの黒猫を看取ってきたわ」
「それで、君はねこ座を奪ったのか?」
「ねこ座は教会ができる前からあったわよ。誰からも取っちゃいないわ」
「そうさ、彼女は教会ができるずっと前からいるんだぜ。先代がそう言ってた」
「そうか」ジークは迷った。星は返して貰いたいが、彼女と話をして何も言えなくなった。それでもジークはそのままでは帰れなかった。
「あなたの奥さんや子どもたちは教会に〝保護〟されているのね」
「なんでもわかるんだね。君は」ジークは静かにつぶやいた。
「なんとなくそう感じたのよ。教会はいつだってそうしていたもの」
「そうなのか」ジークは言葉がつづかなかった。
「家族ってどんな感じなの? 大切なの?」
「大切だよ。失いたくない」
「教会よりも?」
「あ、あぁ。多分教会よりも大切なんだと思う」ジークはただテーブルを見つめた。
「そう」魔女は黙って天井を見上げた。
 
 
「ジークよ、よくぞ魔女から星を取り返してくれた。礼をいうぞ」
「お言葉、ありがとうございます」司祭の前で膝をついたジークが返事をした。
「ひとつお伺いしてもよろしいでしょうか?」ジークは司祭に聞いた。
「よろしい。特別に質問を許す」
「あの星、魔女はねこ座と言ってましたが、どうして必要だったのですか?」下を向いたままジークは聞いた。
「そんなコトか。ジークよ夜空の星に名前があるのは知っているな。そしてそれぞれの星たちに言い伝えがあることも知っているな」
「はい。存じております」
「言い伝えの中には、教会の教えに相応しくないものも少なくなかった。それでも、その星の神々と和解して教会の教えに沿ってもらった」
「つまり、言い伝えを変えたと言うことですか?」
「なぁに、星の名前を残すコトを約束して協力していただいたのだよ」
「ならばなぜ、ねこ座もそうしなかったのでしょうか?」
「古き神々と約束はできるが、魔女などとは約束はできまい」
 ジークは思わず頭を上げた。目の前には重厚で真っ白な司祭の衣装が立っていた。
「まったくそうですね。失礼させていただきます」奥歯を噛みしめてジークは教会を後にした。
 
「どうだった? 誉められたかい?」黒猫が皮肉な声を掛けた。
「あぁ。とても喜ばしい言葉をいただいたよ」顔の片方に力を入れてジークは答えた。
「そりゃ良かったな。家族とも一緒に暮らせるんだろ」
「もちろんそうさ。今から修道院に迎えに行くところさ」
「じゃ、おいらは行くよ。楽しく暮らしな」
「ありがとよ。オマエも気をつけて」
「おいらは大丈夫さ。それよりも新しい家族も大事にしてやってくれよ」
「そんなの、わかってるさ」
 ジークがそう言うと、黒猫は『ニャー』と鳴いてスタスタと離れて行った。
 
 あの夜、魔女はジークに言った。
「もうこんな生き方はイヤなの。寂しいのは嫌いなの。でもただ消えてなくなるのは辛いの。だから、もしあなたが約束を守るのならねこ座を手放してもいいわ」
 そして魔女は、ジークの子どもにして欲しいと言った。
「養子なんて無理だ。それにきみは死ねないんだろ。目立ちすぎるよ」
「このままじゃ無理だけど、私はあなたの体に入って子種のひとつになるわ」
「えっ?」
「そして、あなたの奥さんの体に入って、人の赤ちゃんとして生まれるわ」
「そんなコトができるのか?」
「多分ね。うまく奥さんの中の卵に入れないかもしれないし、もしかしたらあなたが約束を守らないかもしれない」
「それでも信じるのか?」
「ずっとひとりぼっちよりマシよ」
「わかった。約束は必ず守るよ」
「ありがとう。じゃお願いするわ。それと……」
「それと、なに?」
「素敵な名前を付けてね。そしてたくさん名前を呼んでね」
「わかった約束しよう」
 そうして魔女は子種となり、ジークの体に入っていった。
 
 
 1年後、ジークの家は女の子を授かった。
 ジークは女の子にクレージュ、『勇気』と名付けた。
 
〈了〉