夜明け前のよたか

2015年 04月の記事

妹と、菓子パンと、ふぅとひと吹き よたか

 放課後、美弥は昇降口から校門へ向かった。美弥にとっていつもの事。ただ、いつもより校門の外が騒がしい。何台も車が停まってて、見た目にスマートな大人たちが何人もいた。  美弥が『何だろう?』と思う間も... つづき……

妹と、菓子パンと、テーブルの置手紙 よたか

 夜勤明け。雅美がドアを開けると、差し込む朝日が奥まで照らす。いつも蛍光灯で白々しい部屋が自然光で満たされる。雅美は狭い玄関に潜り込み、キッチンの床に荷物を下ろしてドアを閉じた。  明るさが失われ雅... つづき……